フランス旅行観光のオンライン辞書・事典:ユーロスター,ユーロトンネル,ヨーロッパ議会,ラコスト,ランス,ラ・デフォンス,ラ・メイジュ,ラ・ロッシェル

これはフリーライト・ソフトウエアーが開発したフランスの辞書辞典です。フランス語文字をクリックすればフランス語サーチエンジンで関連サイトを検索出来ます。地球儀のアイコンをクリックすればフランスとパリの地図上に場所を表示。サムネイル写真をクリックすれば画像を拡大。一般フランス語翻訳は弊社のオンライン日仏辞典を利用して下さい。2007年にフランスで行われるラグビーワールドカップのリンクページも御座います。
英語バージョン
他の辞書を選ぶ:
キーワードで検索:
 
説明を捜す:
記事内部を調べる:
行きたいページかサーチボックスをクリック。
ページの始めの文字: R

ユーロスター

フランス語: Eurostar
違う綴り:ユロスター
キーワード:交通
関係有る記事: TGV , ユーロトンネル , パリ北駅
関連サイト: http://www.eurostar.com , http://en.wikipedia.org/wiki/Eurostar
説明:ドーバー海峡トンネルを通ってロンドン-パリとロンドン-パリを繋ぐ高速鉄道リンクで営業は1994年5月にトンネル開通後同年11月に始まった。フランス側では列車は時速300kmで走れるが英国側は高速列車用の軌道が無いので時速160 kmに限られていた。2003年から英国側の軌道が一部改良されて今ではパリ-ロンドン間を2時間35分で結ぶ。TGVから派生したアルストーム社製の機関車は三つの違う電圧に対応し、1列車あたり18の客車で800人を運ぶ。

ユーロトンネル

フランス語: Eurotunnel , Tunnel sous la manche
違う綴り:ドーバートンネル, ユーロ・トンネル, ドーバー・トンネル, ドーバー海峡トンネル
キーワード:交通
関係有る記事: ユーロスター
関連サイト: http://www.eurotunnel.com
説明:19世紀には既にトンネルをドーバー海峡の下に通す計画が有りましたが、最後の協定が1986年に調印されるまで全ての計画が途中で廃棄になりました。1994にエリザベス女王とミテラン大統領によって落成されたユーロトンネルは全長50kmの世界第二のトンネルですが、政府の援助無しで建設されたので営業会社は直ぐに資金繰りの問題に直面します。シャトルサービスはサンガットとフォークストーン間で車を運び、ユーロスターはパリ・ロンドン間を3時間30分で結びます。

ヨーロッパ議会

フランス語: Parlement Européen , Parlement de Strasbourg
違う綴り:欧州議会, ストラスブール議会
キーワード:建物
関係有る記事: ストラスブール
関連サイト: http://www.europarl.eu.int
説明:欧州閣僚理事会と共に立法府を構成するヨーロッパ議会は二箇所に分かれる:ストラスブールは月一回の本会議場でブリュッセルでは其の準備を行う場所である。議員は1972年から任期五年でヨーロッパ市民の直接選挙で選ばれる様になった。現在の議席数は730で加盟国の人口に殆ど比例して分配される。ストラスブール欧州議会の新しい建物は1999年12月に大統領ジャック・シラックによって落成された。

ラコスト

フランス語: Lacoste
キーワード:パリ,
関連サイト: http://www.lacoste.com
説明:1904年にパリで生まれたルネ・ラコストは偉大なテニスマン(7回グランドシュラム制覇とデービスカップ2回優勝)だっただけではなく実業家としても成功しました。実際ルネ・ラコストは軽く編んだ生地で出来た半袖のシャツを試合中に愛用していましたが、人気が有ったので1933年に引退した後ニットウェアの大会社オーナーだったアンドレ・ジリエと計り彼のテニスウェアを販売する会社を創立。有名なクロコダイルのロゴは彼の執拗な性格を現しています。

ランス

フランス語: Reims
キーワード:, 世界文化遺産, 観光地, ワイン
関連サイト: http://www.ville-reims.fr , http://www.reims-tourisme.com
説明:フランス北部パリの北西130kmに位置するランスはローマ時代から存在し重要な歴史的役目を担いました。実際496年にクロービスがキリスト教洗礼を受けて以来フランス国王は代々ランス大聖堂で戴冠式を行う慣わしと成りました。第一次大戦にはドイツ軍の砲撃で大損害を蒙る。近郊の丘でシャンペイン用の葡萄を栽培するランスはシャンパーニュ地方の経済中心地で人口187000人。1991年からランスの中世建築物はユネスコの世界文化遺産に登録。

ラ・デフォンス

フランス語: La Défense , Paris La Défense
違う綴り:デフォンス, パリ・ラ・デフォンス, ラ・デファンス
キーワード:パリ, パリ郊外, 場所, 建物
関係有る記事: RER
関連サイト: http://fr.wikipedia.org/wiki/La_D%C3%A9fense , http://www.paris-tourisme.com/monuments/defense/ , http://monputeaux.free.fr/ladefense/
説明:パリの西郊外三つの町(ピュト・ナンテール・クルブブワ)に跨るラ・デフォンスは15万人が働くヨーロッパ最大のビジネス地区です。1950年代にパリの事務所用ビル不足を改善するため政府はこの地区の再構成を計画した。最初のビルは100mの高さに制限されていたが1980年代からカトゥル・タンや歴史的軸の延長に在るグランド・アルシュ等最新の建物が多く加えられた。ラ・デフォンスに行くにはRERのA線を使う。

ラ・メイジュ

フランス語: La Meije
違う綴り:ラ・メイジュ山
キーワード:アルプス, , 観光地
関連サイト: http://www.lagrave-lameije.com , http://www.la-grave.com
説明:南アルプスはエクラン山塊に在る海抜3984メートルのラ・メイジュ山はヨーロッパーでも最後に征服された高峰の一つです。エマニュエル・ブワロ・ドゥ・カステルヌとピエール・ガスパー並びにその息子が下から垂直に上るルートを通って1877年に頂上に到達し、西からギザギザの峰を通るルートは1891年に陥落しました。その出発点は今ではフランスで二番目の高所に在るスキー場(ドゥーザルプ)です。グラーブの村からロマンシュ谷の向こう側にあるラ・メイジュ山の眺めは素晴らしい。

ラ・ロッシェル

フランス語: La Rochelle
違う綴り:ラ・ロッシェル市, ラロッシェル
キーワード:, , 観光地
関係有る記事: ナント , ボルドー
関連サイト: http://www.larochelle.fr , http://www.larochelle-info.com/larochelle/accueil.php
説明:大西洋岸レ島の正面に位置するラ・ロッシェルは10世紀に建設されナントとボルドー間に在るの重要な港として急速に発展。16世紀から17世紀にはラ・ロッシェルはフランス新教徒運動(ユグノー)の中心地になるもルイ13世の宰相で枢機卿のマザランが指揮する長い包囲戦(1627-1628)に敗退。ラ・ロッシェルはシャラント・マリティム県の県庁が有り人口は77,000人。レ島とラ・ロッシェルを直接繋ぐ橋は1988年に開通。

このページに有る記事:130 - 137、全部で:152.

?p??????y?Y?XSouvenirs of Paris


http://www.docoja.com/dico/fratxtj16.html
Text Copyright, Free Light Software
Pictures' Copyright belongs to each author or legal claimant
最終更新:19/09/08 08:56